岡山市で水道のトイレつまり・水漏れを修理

腐食して木材が痛む

修理隊

二次被害が懸念される水乗れ

水漏れが発生した後で二次被害がどのようなことで起こり得るのでしょうかご紹介しておきます。
●シロアリの発生です。湿った木材を好むシロアリなどの外注にとって、浸水したフローリングなどの床材を住処として繁殖に適した環境となってしまいます。シロアリなどの害虫が営巣してしまったら駆除も大変になり駆除費用がかさむだけでなく家の木材を害虫に食われてしまうといった惨事になってしまいます。
●木材の腐敗です。日光が当たらない箇所ですから乾燥させるのに時間がかかりますし季節や環境によって完全に乾燥させることができない場合もでてきます。水漏れを放置していることによって木材が腐っていくためシロアリだけでなくカビやダニの菌が繁殖しやすくなり建物の老朽化や異臭問題などに直結していきます。カビは臭いだけでなく、フローリングを真っ黒に汚してしまうほどで健康状態にも影響を及ぼす原因となり軽視することができません。
●仮に水の上によって家電製品に水が触れてしまった場合には漏電トラブルの危険性があります。また、水没(水に浸ること)してしまった家電製品を使用することは製造メーカーサイドから鑑みてもご使用を続けることを確実に漏電やショートにつながるケースが想定されますから避けるべきと伝えられます。そして、水漏れした床に触れるような配線があると漏電事故の危険が高ま火災の原因となってしまいます。電気が水に通電しますのでショートを起こしてしまったら火災だけでなく人的被害もある可能背があります。家電製品が水没したら、ショートや漏電が懸念されますので使わないでください。
100Vは、それなりに気持ちがいいと言えないショックがありまし、200Vなら衝撃波がとんでもないです。また、感電したら状態によっては、自力脱出が困難になってしまい感電死することにもつながってきます。要注意です!

考えられる水道設備の水漏れの二次被害について

水道設備の水漏れが発生した場合、以下のような二次被害が発生する可能性があります。
水浸しと浸水
漏れた水が床や壁、天井に広がり、水浸しや浸水が発生する可能性があります。これにより、床材や壁紙、天井材が損傷し、カビや腐食のリスクが生じる可能性があります。
電気機器への影響
水漏れが電気機器に到達すると、ショートや故障の原因となります。配電盤やコンセント、照明器具などが水によって損傷し、感電や火災のリスクがあります。
構造的な損傷
長期間の水漏れや浸水により、建物の構造材や木材が腐食し、損傷する可能性があります。特に木造建築の場合、水の浸透により柱や梁が弱くなり、建物の安定性が損なわれる可能性があります。
家具や家財への被害
水漏れが家具や家財に到達すると、木材や布製品が損傷する可能性があります。家具の腐食やシミ、カーペットやカーテンの水濡れなどが起こる可能性があります。
健康への影響
水漏れによってカビが発生したり、湿度が上昇したりすると、室内の空気品質が悪化し、アレルギーや呼吸器疾患のリスクが増加する可能性があります。

水漏れが発生した場合は、速やかに修理や対策を行うことが重要です。水漏れの範囲を確認し、専門の業者に連絡して修理や浸水対策を行うことをおすすめします。早期の対応は、二次被害を最小限に抑えるのに役立ちます。

水漏れの二次被害を防ぐ対策とわ
水漏れが発生した場合、迅速かつ適切な対策を取ることで、二次被害を最小限に抑えることができます。以下は、水漏れの二次被害を防ぐための対策です。

●電源の遮断
水漏れが電化製品や電気設備に影響を与えている場合、まず電源を切って安全を確保します。
●水供給の遮断
漏れている水源の水供給を遮断します。トイレ、洗濯機、流し台などの供給バルブを閉めることで、水漏れを抑制できます。
●浸水した場所の排水
水が浸透してしまった場所を速やかに排水します。モップやバケツ、搾り取り機を使用して水を取り除きます。
●家具や物品の移動
浸水した場所にある家具や貴重品を可能な限り水から離し、被害を最小限にとどめます。
●通気性を確保
乾燥機や換気扇を使って湿気を取り除き、通気性を確保します。湿気が残ると、カビや腐敗のリスクが高まります。
●建物内の水抜き
地下室や地下階に水が浸透してしまった場合、ポンプや除湿機を使用して水を排水し、建物内の湿度をコントロールします。
●建築物の構造点検
水漏れの原因となった箇所や配管などの建築物の構造を点検し、修理が必要な箇所を修復します。
●保険会社への連絡
水漏れによる被害が大きい場合は、早急に保険会社に連絡して被害の詳細を報告し、適切な対応を得るようにします。

これらの対策を講じることで、水漏れによる被害を最小限に抑え、建物や貴重品の保全を確保できます。ただし、大規模な水害や修理が必要な場合は、プロの助けを借りることが重要です。


24時間年中無休の受付


岡山県の水道屋
copyright©2018 岡山県の修理隊 all rights reserved.