岡山市で水道のトイレつまり・水漏れを修理

水の流れを妨げる原因を特定する

修理隊

排水の流れが悪くなるつまりの原因を見定める

トイレが流れにくくなってしまう原因が特定して便器内で詰まりを起こしているという概念が捨てた方がよいでしょう。排水管や接合部などに原因があり症状によって対処の方法も異なってきます。
便器の排水の流れが悪かったりすればトイレタンクの内部にある部品の不具合も考えられますが便器側で発生するトラブルの多くが排水管の詰まりがほとんどです。
流してはいけないティッシュペーパーや洗浄シートを流してしまって詰まらせたり、スマホや芳香剤のキャップ。
あるいは、洗浄ブラシの先端が折れてしまって誤って流れてしまった以外にもトイレットペーパーを大量に流してしまうことも排水トラブルの原因になります。
水圧によって流れていくことを保っていたとしても、排水管の内部には汚れが残存してしまって蓄積されているかもしれません。
少しでも異常が感じられたらスッポンなどを使って、便器内に浸して洗浄する方法を試してみましょう。
そして、水トラブルを未然に防ぐためにチェックしておくべきことが異物を誤って落として明らかな原因に心当たりがなくてもトイレが詰まりを起こすことが十分に考えられます。
水を流した後に便器の水位がいつもより高いと感じたり多くたまっているような印象を抱いたら排水管が詰まりを起こし始めている前兆かもしれません。
このような場合には、しばらくたっても水が引かないようであれば、排水経路で何らかの不具合が生じて詰まりかけていることが疑われます。
何度も繰り返し水を流していると便器から水があふれ出てしまうリスクもあり、できるだけ早めに専門業者に点検してもらうか排水経路を詳細に知れらべていくほうが望ましいでしょう。

24時間年中無休の受付

排水配管が詰まる要因について

排水配管が詰まる原因はいくつかあります。以下に一般的な要因を挙げます。
食べ物の廃棄物
キッチンシンクや食器洗い機から流れる食べ物の廃棄物が排水パイプ内に詰まることがあります。油脂や食べ物の固まりがパイプの内壁に付着し、徐々に詰まりを引き起こします。
ヘアや繊維の詰まり
浴槽やシャワーの排水において、ヘアや繊維がパイプ内にたまり詰まりを引き起こすことがあります。これは特に長い髪の毛が排水口に集まることで起こります。
便器の詰まり
便器には排泄物やトイレットペーパーが詰まる可能性があります。大量のトイレットペーパーの流しすぎや、不適切なもの(例: タオル、おむつなど)の流し込みも詰まりの原因となります。
不適切な物の流し込み
排水には不適切な物質を流し込むことがあります。例えば、油や脂、コーヒーの粉、漂白剤、ゴミなどは排水パイプを詰まらせる原因となります。
地下水や外部要因
地下水や雨水の浸透、外部からの土や砂などの侵入も排水配管の詰まりの原因となります。配管が破損している場合や、地震などの自然災害による影響も考慮しなければなりません。

これらの要因によって排水配管が詰まることがあります。予防策としては、適切な廃棄物の処理、ヘアキャッチャーや排水ガードの使用、適量のトイレットペーパーの使用などが挙げられます。また、定期的なパイプのメンテナンスや、専門業者への点検依頼も詰まりを防ぐために重要です。

排水管が詰まった際の二次被害について
排水管が詰まると、様々な二次的な被害が発生する可能性があります。以下は、排水管の詰まりによる二次被害とそれに対処する方法のいくつかです。

●水漏れや浸水
排水管が詰まると、水がバックアップし、浴室やキッチンなどの場所に水漏れや浸水が発生する可能性があります。水漏れ箇所を早急に見つけ、水源を遮断し、浸水した箇所を迅速に乾燥させることが重要です。
●臭いやカビの発生
詰まった排水管からは悪臭が発生し、時間の経過とともにカビや細菌の繁殖が起こる可能性があります。悪臭が発生した場合は、排水管を清掃し、消臭剤を使用して臭いを軽減することが必要です。
●配管や器具の損傷
長期間にわたって詰まりが続くと、排水管や関連する設備が損傷する可能性があります。詰まりが解消されない場合は、プロの配管業者に相談し、設備の損傷を修復する必要があります。
●地下室や基礎の浸水
排水管が詰まると、地下室や基礎部分に浸水のリスクが高まります。地下室がある場合は、特に早急に水を排除し、防水対策を検討することが重要です。
●害虫の発生
詰まった排水管周辺では、害虫やゴキブリが繁殖する可能性があります。清掃と予防対策を行い、害虫の発生を防ぐことが重要です。

排水管の詰まりは早期に対処することが重要です。プロの配管業者に依頼して効果的な清掃や修理を行い、二次被害を最小限に抑えましょう。予防的なメンテナンスも行うことで、将来の詰まりや被害を防ぐことができます。



岡山県の水道屋
copyright©2018 岡山県の修理隊 all rights reserved.