岡山市で水道のトイレつまり・水漏れを修理

水の濁りが水道器具の水トラブル

修理隊

水に関わるトラブルのついて

日常生活においても水まわりの清掃を日々心掛けてお手入れを徹底していると思っていても水回りに関する水トラブルが突然発生して慌ててしまうこともあります。
蛇口なども消耗品にあたり部品など経年劣化による消耗や腐食によって水漏れなどが起こる不具合があり、前兆もなく突然起きてしまいますのでなかなか未然には防ぎにくいのですが耐久年数や寿命を事前に知っておけば早めに対処することも可能で消耗品であれば事前に交換することもできます。
蛇口の水の濁りに関しても同様で正しい知識を知っていれば、水が白く濁ってしまうなどという健康に害を及ぼさないような状態や健康に被害が出てくる水の濁りかどうかを見極める判断がつくかもしれません。点検すべきポイントがわかっていれば対処も速やかに実施することができます。突然の水トラブルによる不具合が起きてしまって、パニックに陥ってしまうこともないでしょう。万が一にも水漏れや排水の詰まりが起きてしまった場合には、冷静に状況判断をし対策が必要なのか修理業者への連絡が必要なのかを考えて臨機応変に対処することが求められてきます。
蛇口からの水の濁りであれば一番影響があるのが台所です。キッチンなどの蛇口から水が出てくる時に水が濁ってしまう原因について簡単にご紹介しておきます。
台所に限らず洗面所などでも発生する水の濁りについては、水を使う時に目視で発見できますから早めに対処しやすいでしょう。特に台所において水を使う機会は、食事を作ったり食器を洗ったりするなど直接的・間接的にも人体に影響を及ぼすようなことが頻繁に行われています。例えば料理を調理する際にも水が使われるものであり色のついた水をそのままにすることもないはずです。
水が濁ってしまう原因は、いくつか考えられますが台所においては水道管や給水パイプのサビや蛇口内に溜まった汚れによるものがほとんどです。濁った水の色によっても原因を突き止めやすいので、まずはどのような色の濁りなのかを確かめて管轄している水道局や水道業者に状況をご説明しどのように対処をすればいいのかというアドバイスを受けることも可能です。

水道設備で水漏れが起きる多くある原因と解決策

水道設備で水漏れが発生する多くの原因と一般的な解決策を以下に示します。
破損したパイプや配管接続部
古くなったり、劣化したりしたパイプや配管接続部が破損し、水漏れを引き起こすことがあります。解決策としては、破損した箇所の修理または交換が必要です。専門の配管業者に依頼し、適切な修理を行ってもらいましょう。
緩んだ継手やバルブ
バルブや継手が緩んでいる場合、水漏れが発生することがあります。解決策は、緩んだ箇所を適切に締め付けることです。ただし、十分に注意して締め付ける必要があります。適切な工具を使用し、適度な力で締め付けることが重要です。
水圧の異常
高水圧や低水圧が水漏れの原因になることがあります。高水圧の場合、圧力緩和装置の設置や水圧調整弁の使用が必要です。低水圧の場合、供給ラインやバルブの修理や交換が必要な場合があります。専門の業者に相談して、水圧の問題を解決してもらいましょう。
破損したシールやワッシャー
シールやワッシャーが劣化や破損している場合、水漏れが発生することがあります。解決策は、破損したシールやワッシャーの交換です。適切な部品を使用して交換し、しっかりと密閉されるようにしましょう。
不適切な取り付けや施工
水道設備の取り付けや施工が不適切な場合、水漏れが起きることがあります。解決策は、専門の業者に依頼して適切な取り付けや施工を行ってもらうことです。専門知識と経験が必要な作業なので、DIYでの修理は避けましょう。

水道設備の水漏れは早期に対処する必要があります。水漏れを放置すると、二次被害につながることがありますので早期解決するようにしてください。

水漏れを見つけtら時の対処策
水漏れを見つけた場合、速やかに対処することが重要です。以下は、水漏れへの初期対応策です。

●電源の遮断
水漏れが電気設備や電化製品に影響を及ぼしている場合、まず電源を切ります。漏れた水と電気が接触すると危険ですので、安全を最優先にします。
●水の供給を止める
水漏れの原因となる供給源を遮断します。トイレや洗面台、蛇口など、漏れている水の供給を止めることで被害を最小限に抑えることができます。
●漏れた水の吸い取り
タオルやモップを使って、漏れた水を吸い取ります。これにより床や壁の浸水を防ぎ、滑りやすい状態を回避します。
●水の拭き取り
吸い取った後、水が残らないように丁寧に拭き取ります。これにより、二次的な被害やカビの発生を防ぎます。
●漏れた場所の特定
水漏れの原因を特定します。配管の破損、シーリングの劣化、器具の故障など、原因を把握することが修理に繋がります。
●プロの呼び出し
できるだけ早くプロの配管業者に連絡し、詳細な調査と修理を依頼します。自分で修理できる場合でも、専門家のアドバイスを得ることは重要です。
●被害の写真を撮る
水漏れによる被害を確認するために写真を撮ります。これは保険請求時や修理の際に有用です。
●保険会社に連絡
保険に加入している場合、被害の規模によっては保険会社に連絡し、対応の指示を仰ぐことが必要です。

水漏れは早期の発見と迅速な対処が重要です。手当たり次第に水を吸い取り、プロの助けを借りながら的確な修理を行うことで、被害を最小限に抑えることができます。


料金リスト


岡山県の水道屋
copyright©2018 岡山県の修理隊 all rights reserved.